1月 13日, 2019年
 1月13日第23回バトンカフェを開催しました。  本日のためになるお話しは、Healing forest 社会福祉士...
12月 27日, 2018年
第2回バトンカフェin津久見を開催しました。「身体をナチュラルにする生活」と題して、ナチュラル研究会主宰“あかねだま”代表の藤田花さんから興味深いお話しをうかがいました。...
12月 26日, 2018年
津久見市市民ふれあい交流センターで相談会を開催しました。相談員援員の方が、本人申立の支援をされていて、数回かけてアドバイスをさせて頂き、申立用紙や添付書類に不備がないか、最終チェックを行いました。
12月 25日, 2018年
 いよいよ市民後見人養成講座も最終日となりました。最終講座は、吉田明美理事長より「市民後見人概論」について詳しく分かりやすく話しをして頂き、平成30年7月から12月、16日間に渡る全ての講座を無事終了することが出来ました。...
養成講座 · 12月 14日, 2018年
市民後見人養成講座も、15日目となりました。本日42講座は「健康保険制度と生活保護制度」について、津久見市社会福祉課の神田徳さん、健康推進課の曽根崎美和さん、丸岡慧さんに講師をして頂きました。生活保護制度では、神田さんの講義から「収入が最低生活費(厚生労働大臣が定める基準)を下回る場合、その差し引いた差額が保護費として支給される」ということと、申請主義であることが分かりました。曽根崎さん・丸岡さんからは、健康推進・国民保険について詳しくお話しして頂きました。「平均寿命」ではなく「健康寿命(お達者年齢)」を延ばしたい、と切に感じました。43講座は「食育の大切さと人生の目的」と題して、遠く福岡博多区の白石大力さんを講師に迎えました。今後の大きな社会問題(超高齢・認知症・看取り難民)から、多くのことを考えさせられました。食生活・運動・休養のバランスを保つための実践を継続し、心身の健康の自立を目指しましょう。44講座は「法人後見事業と理念」について、本講座で講師4回目を重ねる吉田明美理事長の講義でした。成年後見人は、人と人をつなぐために人として関わり、地域・関係者・社会資源を繫ぐ役割がある。ということを強く認識しました。  いよいよ次回は、講座も最終です。
養成講座 · 12月 04日, 2018年
バトン市民後見人養成講座も14日目を迎えました。...
養成講座 · 11月 27日, 2018年
バトン市民後見人養成講座も13日目を迎えました。...
養成講座 · 11月 15日, 2018年
バトン市民後見人養成講座12日目を開催しました。 「日常生活自立支援事業について」、津久見市社会福祉協議会、平山沙那佳さんから、津久見市の現状や高齢化率、事業内容と事例等をわかりやすく説明していただきました。 「対人援助の基本」では、healing...
認定 · 11月 06日, 2018年
11月6日(火)、特定非営利活動法人おおいた成年後見権利擁護支援センターは、大分県から特例認定の指定を受けました。今後も権利擁護支援事業と成年後見事業をとおして、すべての人が持っている「社会に生きる権利」を守り、ご本人の主体性を尊重しながら、側面的にお手伝いさせて戴くという姿勢で臨む関わりを持ち続けて参ります。
養成講座 · 11月 05日, 2018年
11月5日(月)バトン市民後見人養成講座11日目を開催しました。...

さらに表示する